確実にハチを退治する方法|下準備を行ないしっかり駆除

作業員

蜂に対処が必要な時は

蜂は人の身近にいる危険な虫ですが、どこでも発見したら即駆除が必要というわけではありません。人家付近や家の中に蜂の巣を見つけた場合には対処が必要です。特に活動が活発になる夏に、大きくなった巣を発見した場合には装備や設備が整った専門業者に依頼すると安心です。

専門業者に委託

蜂

スズメバチのような蜂が自宅周辺に巣を作った場合、5月、6月といった時期には、餌も豊富にあることから、近くに人が通っても、よほどのことがない限り襲われることはありません。しかし、夏を超え、秋が深まってくると、蜂は次の世代を世に残すために、女王蜂を育て始めます。ハチは基本的に一年でほぼ死に絶え、女王蜂を残すことを使命としていることから、なんとしてでも巣を守ろうとします。この時期に、そのような命がけのスズメバチを安易に退治しようとした場合、確実に反撃をしてくることが予想されます。毒針を持った蜂に対峙するためには、しっかりとした準備を行う必要があり、素人が退治しようとすると、非常に危険と困難を伴います。

スズメバチを退治するためには、その生態をよく知った上で、準備を万全にして臨む必要があります。特に、毒針は危険であり、過敏な体質の場合、アレルギー反応を起こし、ショック死の恐れさえあるため、注意が必要なのです。そのためには、足先から手の指先、頭のてっぺんまでが覆われた防護服を着用して、蜂の針の効力をなくすような恰好をして作業に当たることが大切です。さらに、はしごや高所作業車が必要になるような高い場所に巣を作っていることがあるため、命綱が必要になる場合もあります。こうした道具一式をそろえることは、普段から駆除作業を行っていない人には、なかなかできないことから、蜂退治専門業者に依頼するほうが、スムーズに話が進むものです。

基本は掃除機での掃除

室内のノミ駆除の基本は、掃除機を使った掃除です。掃除機はノミが潜んでいる確率が高い、部屋の角や家具の下を重点的にかけましょう。また、掃除機を使った後はノミが出てこないよう、すぐにゴミを捨てる事も大切です。

迂闊に近づきすぎない

ハチによる被害は最悪のケースでアレルギーによるショックで死亡してしまうこともあるので、攻撃のスイッチとなる巣に迂闊に近づかず、準備をしてから駆除できれば最善です。それには、巣の形を見てどのようなハチが巣を作っているのか判別できればより優位に退治できます。