確実にハチを退治する方法|下準備を行ないしっかり駆除

男性

蜂に対処が必要な時は

一軒家

蜂は私たちの身近にいながら危険な虫です。大きな巣を発見したり、羽音を立てて飛び回る姿を見ると怖いと感じる人も多いでしょう。しかし怖いと感じるからといっても駆除する必要がない場合もあります。たまたま訪れた山林で蜂の巣を見つけたからといって、駆除に乗り出す人はいないでしょう。問題が起きるのは人家付近や家の中に巣を作られた時です。蜂の巣が作られやすいのは、屋根裏や軒下など雨風を避けられる場所です。さらに発見しにくい場所として床下や戸袋の中などに作られることもあります。マンションなどではベランダに設置したエアコンの室外機に巣を作られたというケースもあります。いずれにしても人の生活とあまりに近いところに作られた蜂の巣はトラブルになる前に駆除・撤去しておきたいものです。

蜂の巣の駆除は時期や状態によっては自力で行うことができます。恐ろしいスズメバチやアシナガバチであっても、冬眠からさめたばかりの女王蜂が単独で巣作りをしている春先は危険はありません。働き蜂のいない時期に発見することができれば巣を撤去して、跡に殺虫剤を撒いておくだけで事足りる場合もあります。自力での駆除が難しいのは、わかりにくい場所や手の届きにくい場所に蜂の巣があり、しかも大きくなってしまった場合でしょう。夏になるとどの蜂も活動が活発になるため攻撃される危険性も高くなります。この時期に大きくなった蜂の巣を発見した場合には、防護服の装備や短時間で効果的な駆除方法が必要になるため、専門業者に依頼をするのが安心です。