確実にハチを退治する方法|下準備を行ないしっかり駆除

男性

迂闊に近づきすぎない

ハチ

種類を判別しておく

ハチを退治しなくてはいけなくなった時に、まず最初に見極めておかなくてはいけないことはハチの種類です。どの種類のハチかによって、その退治方法や凶暴になる季節が異なるので、あらかじめハチの種類をしっかりと見極めておけばより退治がしやすくなります。巣の形を見て種類を特定することができます。もし、巣の形が半円形ならばアシナガバチです。アシナガバチは同じ場所に巣を作ることがあるので、巣を壊したあとでも注意が必要です。スズメバチはボールのような球形の巣を作ります。放置しておくとどんどん大きくなっていくので、なるべく小さいうちに対処する必要があります。垂れ下がった板状に巣を作るのはミツバチです。基本的にはおとなしいのですが、ほかのハチに比べて長生きなので、季節に関係なく注意が必要です。

被害を防げます

ハチを退治して、その巣までしっかりと駆除することによって、どのような被害を防ぐことができるのでしょうか。ハチに刺されると、軽い症状では赤くなったり痒みが出る程度ですが、症状が大きくなってくると、全身がむくんできて吐き気や頭痛がします。さらに重い症状では力が抜けて意識がなくなったりします。さらに体質にもよりますが、アナフィラキシーショックという急性のアレルギーで死亡してしまうこともあります。攻撃は一度だけでは終わりません。ミツバチは針が抜けると死んでしまうのですが、その時に発散されるフェロモンによって導かれた大量の仲間たちが襲ってきたり、スズメバチは何度も指すことができたりします。ハチの攻撃は主に巣を守るために活性するので、知らずに近づいたりしないように、あらかじめ排除しておかなければいけません。